努力したって結局は天性のものには勝てないんだ。

子どもが五年間続けてやっとレギュラーメンバーになれたんです。が、その地位もある子どもがすい星のごとく現れたことで、あっというまに奪われてしまいました。
五年生で入ってきて、何の下積みもなく、背が高くて前の学校でもやっていましたというだけで。

私は監督を恨みます。
ずっと、小さいけど一番頑張りやだから、絶対にうまくなると言われて、本当に人一倍練習してきました。
他の子どもが毎週三回、四回とある休みない練習をさぼって遊んでいた日にも、暑くても寒くても泣きながらでも練習しました。
みんなそれをわかっているから、力を合わせて勝とう!と思えたのに、さーっとかっさらわれ、、。
納得がいきませんが、これがスポーツの世界、保護者として何もできず、子どもがぐっと拳を握りしめるのを見ていました。
他の子も親もわかっています。
でも、自分に火の粉がふりかかるのはいや、だから、遠巻きに見ているだけ。
六年生で一人だけ控えの選手として力の限り応援する子供を私は尊敬します。

いよいよ始まるのかぁ!ドキドキ…嫌だなぁ

放射線開始の日取りが決定しました!
時間は1持頃にしてもらってかようびだけ先生の診察もあり〜
毎日通うから嫌になりそうだけど治療よりも心配なのは旦那の実家にお世話になるってことかな〜
昼間は義母と一緒に!夜は義妹と義父も居る中で一ヶ月以上も過ごすのは不安だ…
最所はレオパレス借りて息子くんと暮らしたら?って旦那に提案されたけど2人きりは具合が悪くなった時に怖いからね!
お母さんが一緒に暮らすとか言ってくれたりしたけど仕事をずっと休ませるのも気が引けたから実家に御世話になることを選んだんだ〜
息子くん居るから大丈夫だとは想うけどね☆

今は義母といい関係築けてると思うから変な感じにならなきゃいいけど〜
気を使ってくるから治療がない日に息子くん連れてお出掛けしよう!とか言われそうなのが面倒なんです…
一人の時間がないのは辛いからね!
旦那が一緒に居るなら助かるけど愛犬が居るから無理なのだ!
休みの日には来てくれるみたいだから、それを励みに頑張りますか笑ってしまった