バーチャルのクレーンゲームでまさかの誕生日プレゼントをゲットしました。

私は2日前に誕生日を迎えたばかりなのですが、今年の誕生日は思わぬプレゼントを頂戴してしまいました。それはクレーンゲームの景品です。ちょうど誕生日の前々日、仕事から帰宅した私は気分転換にバーチャルでクレーンゲームが楽しめるアプリで遊んでいました。毎日ログインするとポイントが貯まる仕組みで、そのポイントがプレイの1回分ほど貯まったところでしたので、何気なく練習のつもりで景品のぬいぐるみを狙ってみたのです。
まずピンポン玉が山と積まれた中からアームで数個キャッチし、それらのピンポン玉をたこ焼き器のような複数空いた穴の中に落とし込みます。入れなければいけない穴は決まっていて、間違って他の穴に玉が入ってしまった場合はハズレというルールでした。
攻略難易度は高いということから、どうせこんなゲームで景品獲得は無理だろうと気楽に挑んでみたところ、まさか本当に当たりの穴にピンポン玉が入るなんて思ってもみませんでした。なんという偶然、誕生日の前々日に自分で誕生日プレゼントを用意した気分になりました。
手に入れたぬいぐるみは、現在人気のアニメ「おそ松さん」の「ゾンビ松」というキャラクターです。おそ松さんファンは欲しがるかもしれませんが、どうも見た目がゾンビとあってお世辞にも可愛くないように思えました。完全なギャグネタ景品だと、その時は獲得したことを後悔したのですが、いざ誕生日に家に到着した景品の袋を開けてみると、想像以上に愛嬌があって可愛らしいぬいぐるみでした。不思議な事になんだかぎゅっと抱きしめたくなるような愛おしさを感じました。
誕生日にぬいぐるみを抱っこする私、寂しい人間に違いありません。けれども、たまにはこのような一風変わった誕生日を迎えるのも良いのではないでしょうか。

40代がイケメンキャラにハマることは素敵だと思う

40代でイケメンキャラにハマるのは気持ち悪いからやめて欲しいなんてのは自分勝手ではないでしょうか。
その人がハマることで他人に迷惑を掛けたりしているわけではありません。
昔から大人のマニアな趣味の人は沢山いましたが、40代のオタク女性もその人達と変わらないことです。
40代なのにイケメンキャラにハマっている人と仲良くしたくないというのは自由だと思いますが、私はそんな40代になりたいです。
歳相応で何処にでもいるような40代の女性になったって面白くありません。
自分が好きな物に夢中になることでいつまでも若々しくいられるような気がするのです。
私はネットで知り合った50代の趣味友達がいます。
その趣味も若者が好む趣味であり、この年代でハマる人はそんなに多くはありません。
しかしめちゃくちゃ若いんです。
年齢なんて感じさせませんし、心はまるで少女のようです。
私よりも2回りくらい年上の方達ですが、こんな歳の重ね方をしたいです。

Amazonで買いたい激安な折りたたみ自転車

こちらはアマゾンで見つけたコストパフォーマンスの大きい折りたたみ自転車を堅持本旨でしたが、価格もばっちりで後はポチるだけになった段階で、一時的な品切れというものに巻き込まれてしまい、誠に1か月周りも待たされた状態です。
夏休みまでには購入して、海山を乗り回したかったのですが、このままではプロジェクトがとってもひずみそうです。
Amazon以外の職場でも取り扱われてはいますがおんなじ品物とは思えない程アマゾンのが飛び抜けて激安なのでそれを狙っているのですが、
このまま斡旋卒業になってしまうのではないかと常々ヒヤヒヤしながら眺めているばかりだ。
こちらは色不同で三総数ある中の黒がほしいのですがそれは無くて白だけストックがあるのです。
このまま斡旋卒業になることもいるので、白でもストックの居残るうちに買っておいた方が良いのではないかという気持ちが現在して来ました。
デメリットになっている引き立ち通り抜ける色ですが、油性ペイント一本あれば黒に塗り替えられますし、そうすればさび最期効力も高まりそうだし、
その方が身体も長持ちするのではと考えたりすると、今すぐにでもポチってしまいたく患うのでした。脱毛ラボ vio

子供と一緒に夜中から出発した旅は初めてでした

独身の頃は夜中から出発する飛行機に乗ったりして旅をしたことはありましたが、結婚して子供が生まれてからは朝早めに出発することが精いっぱいでした。最短でも朝5時ごろ出発でしたが、二人目の子供も小学生になったことからそろそろ渋滞を避けるため夜中に出発することが可能では?と思い今回チャレンジすることに。
夜中3時に出発して目的地へ向かいました。通常は車で4時間半ほどの場所でしたが、今回は3時間半で到着。車の後ろのシートを全てフラットに倒し、ベッド状態にしていきました。私と上の子供はしばらく寝ることが出来ませんでしたが、いつの間にか寝ていました。下の子供はノンストップで寝ていました。いつもなら出発する時間に目的地に着き行動しました。観光を終えたときまだ午後1時。国内なのに時差があるようで不思議な感覚でした。ホテルにチェックインしてしばらく休みましたが、夜ご飯は6時ごろに食べその後は普通の行動に。一日がとても長く感じましたが、混雑に巻き込まれることなく過ごせたので大満足の旅でした。