森見君の「美女と竹林」という本を読んでみました

古本屋で見つけた、森見登美彦くんの「美女と竹林」という書物。エッセイ(さっとファンタジー?)で、著しく気楽に読めました。前もって彼氏の本が好きで読んでいたんですが、エッセイは初めてでした。なにかで連載されていたみたいですね。森見様は竹林がお好きみたいで、くわえて美女も好き、というのが面白かっただ。ほのぼのしていて、同士が所有する竹林をメンテナンスさせてもらうことになったのですが、なんだかすすまない。蚊に歯止めにされたり、竹がともかく多過ぎて下回るのがほんま…という、「おや、そういうものですな」と賛成できる、のんびりした竹林メンテナンスの問題です。近隣とかやり直し方とかにも手伝ってもらって、みんなで竹林を下回る。竹林を切ったことがあるひとはそういないと思いますし、私もありません。ですが、竹ってあのようにびよーんと長いですし、切り倒してもそのあとが大変そうだということはわかりました。それにしても、こういうエッセイを書いた当時は森見様は専業をされながら本を書いていたようで、そのことにも驚かされました。